リフォームの知恵袋

見積りの見かた
詳細であればあるほど、トラブルにならないのが見積書です。

工事が行われる範囲や、金額・数量の比較が可能な見積もりを出す業者を選択しましょう。工事中に変更や追加を検討する際、もとになる見積もりが明瞭だと、正しい増減額がわかりやすくなります。
材料費 と 工事費
リフォームの見積もりは、大きく2つになります。

1、必要な材料やシステム設備自体の代金。
2、工事に関わる人件費。

よく、必要な材料やシステム設備自体をたいへん安く宣伝しているチラシなどがありますが、下の方に小さく、「 工事費は別途 」 というものが書かれています。
材料は安く宣伝しておき、工事費で高額にしてしまうと言う業者もありますので、適正なシステム・工事費を見積もりで確認しましょう。

より安価に仕上げてもらうためには、
システム設備のオプションやグレードをどう選ぶかと、職人さんが一度に仕上げてもらえる部位は、まとめて作業に入ってもらいやすいようなリフォーム発注を心がけてみる。ということになります。

このあたり、あとから追加工事が増えたりすると、工事費が上がってしまう要因となりますので、発注時によく検討してあらかじめ無駄のない考え方にしておくことや、段取りの上手いリフォーム会社を選択することを、お勧めいたします。






阪急沿線を中心に近畿・関西圏での住宅リフォームは伊勢屋テックにお任せください
池田市・箕面市・豊中市・吹田市・摂津市・茨木市・高槻市・京都市・大阪市・堺市・東大阪市
川西市・伊丹市・尼崎市・西宮市・宝塚市・神戸市・三田市・猪名川町・豊能町

Copyright© Reform IseyaTech All Rights Reserved.